banner

DahuaのWizMindの先進のAI技術を活用して、 さまざまな業界をサポートします

2023-05-05248

2023年5月5日、中国・杭州/DahuaのWizMindは、IPC、NVR、PTZ、IVSS、サーマルおよびソフトウェアプラットフォームを含む、プロジェクト指向の製品で構成される完全なソリューションポートフォリオです。業界をリードするディープラーニングアルゴリズムを採用しており、Dahuaは世界をリードする映像中心のAIoTソリューションおよびサービスプロバイダーとして、常に製品の開発と改善に取り組んでおり、全世界のお客様により多くのビジネス価値を提供し、垂直市場向けに信頼性のある総合的なAIソリューションを提供しています。



人間ベースのアプリケーション


WizMindは属性分析によって効率的にターゲットを検索できます。強力なAIアルゴリズムと高度な融合技術により、ユーザーのセキュリティとプライバシーを保護します。


Dahuaのプライバシー保護は、GDPR(EU一般データ保護規則)に準拠した技術で、検知されたターゲットの映像にリアルタイムでモザイクを重ねる機能を提供します。今年、Dahuaはプライバシー保護技術をさらに進化させた「プライバシー保護プラス(+)」をリリースしました。これはさまざまなディープラーニングアルゴリズムと統合され、ユーザーのセキュリティとプライバシーを保護しながらインテリジェント分析のデータを提供します。フロントエンドのリアルタイムモザイクだけでなく、AI機能との同時使用や、選択したターゲットに対する自由なモザイク、不規則な黒ボックスによるマスキングもサポートしています。これは商業施設、建設現場、介護施設、医療機関など、幅広いシーンに適しています。


WizMindのPPE(個人保護具)検知技術は、ディープラーニングアルゴリズムを活用して、現場で着用されている個人保護具の画像を検知し、適切なタイミングでアラームを発報する機能を備えています。保護帽、作業着、マスクなど、最大9つの属性を検知し、IPC/IVSSを通じて作業着の画像を取り込むことで、ローカライズされたモデリング、トレーニング、比較をサポートし、異なるターゲット属性を使用して素早くターゲットの位置を特定できます。これにより、安全管理担当者の作業負担を軽減し、工場や施設などの類似したアプリケーションシナリオにおいて、従業員の安全を大幅に向上させるのに役立ちます。


また、WizMindのパノラマ監視 2023は、状況把握に180°、270°、および360°の視野が必要なシナリオアプリケーション向けに設計されています。最大8Kの超高精細な解像度でクリアな画像を提供し、ARパノラマ機能ではARタグを使用して対応するカメラの映像を表示することができます。EPTZ機能は、アラームをトリガーした最大5つの人間および車両ターゲットを同時にモニタリングできます。さらに、境界保護、スマートトラッキング(自動追尾)、車両密度検出などのAI機能も搭載しています。広場、規格道路、エンタープライズバーク、出入り口エリアなど、広いシーンの監視に最適です。



WizMindには、ピープルカウント機能もあります。この機能はモニタリングシーンで動く人間のターゲットを追跡・処理し、モニタリングエリアに入った人数、退出した人数、現在滞在している人数を正確に統計し、ビジネス分析に有用なデータを生成します。この機能には、離席検知、群衆検知、ラインクロスによるピープルカウント、エリア内ピープルカウント、および行列管理などが含まれています。


車両ベースのアプリケーション


WizMindは、車両の属性をキャプチャし、簡単な管理、迅速な検索、効率的なビジネス分析を実現します。道路、水路、駐車場など、さまざまなアプリケーションシナリオを完全にカバーしています。


WizMindのビデオメタデータテクノロジーは、ディープラーニングアルゴリズムを備えており、属性分析に基づいて効率的に人物や車両の対象物を位置特定します。製品モデルのアルゴリズムバージョンによって、10を超える人物属性、7を超える自動車属性、6を超える軽車両属性を検出することができます。Dahuaはまた、対象物の進行方向分析とデータ統計を追加し、ビジネス分析に活用できます。工業キャンパスや主要道路など、敷地への人物や車両の出入りを常時監視する必要があるアプリケーションシナリオに最適です。


WizMindは、自社開発アルゴリズムによって強化された、河川モニタリングという新しい機能も備えています。これは主に河川、海、湖などの水資源がある地域で使用されます。主に河川管理と分析を支援する、水位検知、船舶検知、浮遊物検知から構成されています。


WizMindの駐車検出テクノロジーは、CNNディープラーニングに基づいており、監視エリアに車両が入るとその画像をキャプチャしてメタデータを保存します。違法駐車が検知されると、システムは内蔵スピーカーを通じて警告音声を鳴らします。キャプチャした画像には、ナンバープレート番号や違反情報などを証拠としてオーバーレイし、パノラマと詳細ビューを同時に表示し、より広い検知範囲を提供します。


サーマルアプリケーション


防爆認証(ATEXやIECExなど)と防水・防塵保護等級:IP66を備えたDahuaの防爆カメラは、高精度の工業用オンライン温度計測を提供し、生産中の機器や配管・配線等の設備を監視する新しい方法を提供します。オンライン温度監視の他に、プラットフォーム上でデバイスリストを編集し、温度監視カメラとリンクさせることで実現できるインテリジェント検査も提供しています。


WizMindのもう一つのサーマルアプリケーションは、AIによって強化されたイメージングサーマルカメラを使用した船舶検知です。これにより、船舶を正確に検知して識別することが可能です。この機能は、船舶のデータ(高さ、速度、距離など)を複数提供し、耐食コーティングや316Lステンレススチール製の筐体を備え、全天候型の運用が可能です。


その他の特徴


DahuaのWizMindシリーズは、主要なサードパーティのプラットフォームと互換性があります。Dahuaのパートナーアライアンスは十分なDHOP(ダーファオープンプラットフォーム)とAPIを提供し、テクノロジーパートナーとのスムーズで効率的な統合を可能にします。すべてのWizMind製品はONVIF適合プロセスをパスしています。このシリーズは、グローバルなビデオ管理システム、PSIM、およびアラームモニタリングソフトウェア(例:AxxonSoft、Digifort、Advancis、SoftGuard)と互換性があります。また、業界のQognify、Network Optix、Luxriotなどのプレーヤーとも連携し、高度なAIベースの機能(例:ANPR、ピープルカウント、境界保護、ヒートマップ)をサポートしています。


Dahuaのハードウェアオープンプラットフォームは、ユーザーが実際のニーズに基づいてカメラをカスタマイズすることを可能にしました。15以上の既存パートナーと18以上の統合アプリケーションがあります。さらに、WizMindのサイバーセキュリティ機能は、ネットワークセキュリティとユーザーのプライバシーを効果的に保護します。実際のビジネスシナリオを深く統合し、ユーザーがデバイスのセキュリティ状況と機能を理解し、シナリオに最適なセキュリティ設定を便利かつ迅速に行えるようサポートします。